ウェブデザイン技能士2級への道 <受験編>

ウェブデザイン技能士2級への道 <受験編>

前回書いた記事から、なんやかんやありまして
昨年11月に受験、そして無事に2級一発合格いたしました。
まだまだ歴史の浅い資格なので自分が合格に向けて何をしたのか
簡単にまとめてみました。
これからもし受験する方がいましたら、参考になれば幸いです。

以下、まとめです。

1.本番前の勉強方法

まず基本的なことから覚えていく(はじめは広く、浅くでOK)
「Web標準の教科書」を読むとかWCAG1.0とかネットワークの仕組み(TCP/IPなど)を理解する。
過去問を解いて間違えたところは単語帳とかに書いて繰り返し覚える。
自分が苦手としている分野をよく把握して、重点的に勉強する。
…と、こんなところです。本腰入れて勉強したのは1週間くらいでしょうか。

2.受験当日

試験会場が23区外で、なおかつ行ったことのない場所だったので
早めに家を出たりちょっとバタバタしてました。
私の受験した会場は1部屋30名くらいで、2級の場合はこれが2部屋ありました。
なので会場全体で2級は60名ほどの受験者だったのかなと思います。
年齢層ですが、20代後半から30代の方が多く見受けられました。
筆記試験は1時間。開始30分後には退出が出来ます。

実技試験は午後からなので、それまでにご飯を食べておいた方がイイです。
午後からの実技試験は2時間。試験会場のPCはデスクトップ型でした。
ただ、隣との距離が近くて圧迫感がすごかったです。
そしてマウスも使いづらくて慣れるまで時間がかかりました。
前半の問題でもたもたしてしまったせいで後半に時間を割くことができず…。
最後の選択問題はフォームを作るかJavascriptを修正するというものでしたが
どう考えてもJSの方が簡単だったのでこちらを選択しました。
こちらも一定の時間が経てば退出できます。
ただ実技の方は時間ギリギリまで作業している方が多かったです。
試験は午後3時ごろに終了。往復の時間もあったので、ほぼ1日かかってしまいました。

3.受験後~合格発表

試験の翌日には筆記の回答が公式HPにて発表されるので、
なんとなく筆記試験の点数がわかると思います。(一応7割以上で合格だそうです)

試験の約1か月後に合格者の受験番号が公式HPにて発表されます。
今回は運営側の出題ミスがあって予定より1週間遅れでの発表でした。
そして無事に2級合格!
私の場合は発表から1週間ほどで合格証が届きました。
※1級は厚生労働省から発行されるようなので、もっと時間がかかるのかな?

4.思ったコト

筆記試験は問題数に対して時間が多いので
落ち着いて解いていくことができると思います。
以前出題されたものと同じような問題もあったので、
やはり1度は過去問を解いておくことをオススメしておきます。

実技試験はとにかくテキパキと進めること!
変にデザインにこだわると後半の問題で時間が足りなくなります。
Flashのアニメーションバナーを作成する問題があったので
普段Flashソフトを触らない方は練習しておくといいです。

ざっとこんな感じです。

私の場合、会社から受験料を補助してもらえたので
自分がどれほど理解できているのか、腕試しのつもりで受験してみました。
でも2級が取れたとなると、やっぱり1級もほしくなりますね。
1級はちょっと一筋縄ではいかないようなので、もうちょっと勉強を頑張ります。

Trackback


まだコメントはありません

感想・質問等受付けております。

Leave a Comment




コメント